ピラティスインストラクター向け有料サービス

Pilates Lover/STABE online lab+

明日お客様に使える:イントラの良くある間違ったRoll up、インプリントはどこまで?

Pilates Mat exercise roll up

目次

後傾し過ぎると、腹筋がいくらあっても絶対上手くいかないアーティキュレーション

A子:先生、ロールアップ、どれだけ練習しても足が上がってしまいます。
J:綺麗なアーティキユレーションをしましたか?
A子:意識しているつもりですが...
J:まずは骨盤の動きを正しくしないと

ロールアップ、初級の動きですが、大半のインストラクターにとって凄く難しい動きではないでしょうか。 まず、骨盤の動きが正しくできていないこと、お腹を締めすぎることによって体が上がらない動きになってしまいます。もしくは上がれたとしても、色々な代償を使いながらの動きになってしまいます。その結果、足が上がりやすい、頭の位置が良くない、または肩甲骨外転し過ぎるなどのエラーが出てしまうのです。 そこで、正しい頚椎から尾骨までのアーティキューレーションとは?それができないならどうしますか?などの話をしていきたいと思います。

------------------目次------------------

ロールアップの動きとは?

ロールアップができないはフレックスバンドだけ?

ロールアップためのキャデラックの練習?

ロールアップのビデオ

----------------------------------------

ロールアップの動きとは?

J:まずはモビリティとスタビリティですね
A子:それはもうわかるけど...アーティキューレーションですよね
J:正しいアーティキューレーションができたら絶対上がりますね
A子:やってるつもりですけど...

これはよくある話ですが、特に歴が長いインストラクターのあるあるです。スタビリティとモビリティは頭に入っているものの、お客様に教える時は正しいスタビリティとモビリティが見えていない、又はやってるつもりでした。一つ言葉というと...

------------------more------------------

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題、年間会員のお悩みにお答えします!

>>>プレミアム会員登録🥰 

  • All
  • myofascia
  • o脚
  • お悩み
  • コア
  • シニア
  • スタビリティ
  • ニュートラル
  • ピラティスイントラ入門
  • ピラティスキャデラック
  • ピラティスチェア
  • ピラティスマシン
  • ピラティスマット
  • ピラティスリフォーマー
  • プログラミング
  • マタニティ
  • モビリティ
  • 上肢
  • 下肢
  • 中級
  • 側弯
  • 座位
  • 立位
  • 筋膜
  • 股関節
  • 肩甲骨
  • 脊椎
  • 腹腔内圧
  • 試験対策
  • 運動制御
  • 運動学習
  • 集客
  • 骨盤

You cannot copy content of this page